ツツジで市民を笑顔に 福祉職員らに挿し木講習 沼田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県沼田市で地域活性化に取り組む団体「手づくりの輪」(鈴木誠代表)は26日、沼田のツツジの魅力を発信する「ぬまたツツジの里プロジェクト」をスタート、同市の沼田公園で利根沼田地区の福祉事業所職員らを対象に挿し木の講習を行った。市内各地にツツジを増やしていき、美しい花のあるまちとしてPRしていく。

 片品村の花卉かき生産者の星野学さん(41)が市の許可を得て、同公園のツツジの芽を切り取ってポットに挿し木する手順を参加者に教えた=写真。挿し木用の特殊な土や育成の仕方も紹介。福祉作業所の利用者や特別支援学校の生徒が作業を行う前提で解説した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事