女子生徒監禁容疑の教員宅を捜索 県警 29日は勤務先学校も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内田容疑者宅への家宅捜索を終え、自宅から出る捜査員=1日午前11時10分ごろ

 群馬県内に住む10代の女子生徒が監禁された事件で、県警は1日、高崎市寺尾町、私立学校教員の男(27)=監禁致傷容疑などで送検=の自宅を家宅捜索した。

 自宅前はブルーシートで覆われ、捜査員約20人が段ボールやデスクトップパソコンなどの押収資料を運び出した。

 家宅捜索には男も立ち会った。家宅捜索を終えた同日午前11時10分すぎ、容疑者を乗せているとみられるワゴン車などが自宅を出発した。

 6月29日には男が勤務する学校への家宅捜索も実施した。関係者によると、捜査員が男の机やロッカー、パソコンなどを調べ、関係資料を押収したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事