古代ハス10万株 ピンク色の大輪 埼玉・行田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 ピンクの神秘的な花を付ける行田ハス(古代ハス)が埼玉県行田市小針の「古代蓮(はす)の里」で見頃を迎えた。約10万株の大輪が観光客を魅了している=写真・AR

 行田ハスは同市の公共施設建設工事の際に掘り起こされた種子が自然発芽し、掘削によってできた池で咲いているのが発見された。1400~3000年前のハスと推定され、市の天然記念物に指定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事