高校生の勉強体験 西小児童が渋川工高を訪問
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 地域のことを学ぼうと、渋川西小(須藤昭利校長、群馬県渋川市)の2年生24人が2日、学校近くの渋川工業高(竹之内裕校長)を訪れた。生徒に教わりながらキーホルダーを作るなどして、高校生の勉強の様子を体験した。

 児童は、生徒が電気やコンピューターなど専門的な勉強をしていることを教わった後、校内を見学。機械科で機械を使って木片にぐんまちゃんの焼き印を押してキーホルダーを作った=写真。自動車科では電動カートを運転し、歓声を上げていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事