ボランティアで家賃補助 玉村町が町内転入の群馬県立女子大生に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 若者を地域の中に呼び込もうと、群馬県玉村町が町内に転入した県立女子大の1年生を対象に、家賃補助を出す「地域活動奨励金交付事業」で、本年度の対象学生12人が決まった。2日に同校で決定式が行われた=写真

 角田紘二町長は「住民と交流し、玉村が記憶に残る『第二の故郷』になるといい」と述べ、小林良江学長は「活動を通して学び得た力は社会に出てからも糧になる。頑張ってほしい」とエールを送った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事