セブン本部への不信感あらわ 時短予告の警告めぐり店舗オーナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会見でコンビニオーナーの負担軽減を訴える永尾さん=5日夜、東京都内

 セブン-イレブン・ジャパン本部が、1日限りの営業時間短縮を伝えた前橋市の「前橋荻窪町店」オーナーの永尾潤さん(53)に対し「重大な違背行為に当たり、厳重に警告する」とする文書を送っていたことが5日、分かった。永尾さんは同日、都内で会見を開き、同社の改革姿勢に疑問を投げ掛けた。

◎「脅し文句に驚き」
 「セブン-イレブン社長は最近もテレビ番組でオーナーの負担軽減や時短営業を進めていくと発言していたのに」―。5日に都内で開いた会見で、セブンイレブン前橋荻窪町店オーナーの永尾潤さん(53)は、同社への不信感をあらわにした。

 永尾さんは5月に家族旅行を理由に、本部側に営業を代行してもらう「オーナー・ヘルプ制度」を利用しようと申請したが、内規変更を理由に拒否された。この点に触れ、「オーナー勧誘時には『ヘルプ制度があるから大丈夫』と言っておきながら、いざ制度を使おうとすると『契約にない』と言われてしまう。詐欺に近い行為だ」と語気を強めた。

 ヘルプ制度を巡り、5日午後6時から同社との団体交渉が予定されていたが、当日朝に会社側から延期が告げられたという。

 また、同社の内部資料や内部証言を基に、「ヘルプ制度を運用する姿勢が感じられない。実際には業務を代行するための社員配置すら出来ていない」などと訴えた。現在は公正取引委員会への相談を進めているという。

◎ローソンではオーナーが深夜営業停止を要求…東毛地域
 群馬県の東毛地域でローソンの店舗を経営する男性オーナー(40)が5日、同社に対し、深夜営業停止を認めることなどを求める要求書を提出したことが分かった。

 上毛新聞の取材に、オーナーが明らかにした。4年前に経営を始めたが、同社が実施した通行量調査などに間違いがあり、売り上げが伸びず、赤字となっている深夜営業を停止する必要があるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事