園児がプラム収穫 沼田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県沼田市の池田サマーフルーツ組合(阿部重幸組合長)の開園式が11日、同市岡谷町のフルーツ王国松井で行われた。地元の熊の子保育園の年長児21人が、赤く色づき始めたプラムの収穫を体験した。

 園児ははしごを登って赤い実に手を伸ばし、木からもぎ取った=写真。「いい匂いがする」「甘くておいしい」と夢中でかぶりついていた。阿部組合長は「沼田の寒暖差を生かした甘い実になっている。夏の味覚を堪能してほしい」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事