「ごうど」から「こうべ」へ… わ鉄神戸駅で掲示のポスター話題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
わたらせ渓谷鉄道神戸駅に掲示されたポスター

 群馬県のわたらせ渓谷鉄道・神戸ごうど駅(みどり市東町神戸)に、兵庫県の神戸・阪神地域をPRするポスターが掲示され、鉄道利用者の間で話題になっている。

◎「あるある」漫画で紹介 今月末まで掲示
 ポスターは同県の依頼を受けて6月下旬に張り出した。同県を構成する摂津(神戸・阪神)、但馬、淡路、播磨、丹波の5地域の魅力を発信する「兵庫五国連邦プロジェクト」の一環。県外の同じ地名の鉄道駅などにポスターを張っており、これまでに淡路駅(大阪府)や丹波橋駅(京都府)に掲示した。東日本では神戸駅が初めてという。

 神戸駅のポスターは、北の六甲山、南の大阪湾の位置を頼りに、方角を判断するという神戸・阪神地域の「あるあるエピソード」を漫画で紹介している。今月末まで掲示する予定。

 同県広報戦略課は「同じ名前のよしみで関心を持ってもらい、神戸に足を運んでほしい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事