ヒマワリ 輝く日差し 17日の県内 各地で久々の晴れ間広がる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県内は17日、停滞していた梅雨前線が北上し、各地で久々の晴れ間が広がった。乗附緑地(高崎市乗附町)の花の丘では、連日の雨にぐったりしていた高さ約30センチのミニヒマワリ約600本が、久しぶりの日差しで輝きを増した=写真

 前橋地方気象台によると、前橋の最高気温は30.7度を観測し、19日ぶりに30度以上の真夏日となった。18日は午前は晴れるが、各地で夕方から雷を伴う雨が降ると予想。最高気温は前橋28度、みなかみ26度の見込みだ。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事