手足口病が流行 前週の倍以上、県警報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 乳幼児に多い夏風邪として知られる手足口病について、群馬県は17日、今月8~14日の1医療機関当たりの報告数が全県で9.92となり、基準を超えたとして警報を発令した。

 県保健予防課によると、前週(1~7日)の4.83から倍以上になった。保健所ごとの地域で最も多かったのは、安中市の15.50で、太田市15.33、藤岡市・多野郡14.50と続いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事