夜に歩道でマルシェ 料理や雑貨21ブース 桐生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 県道の歩道に飲食や物販店が出店するマルシェイベントの社会実験が、桐生市の中心街で行われた。県道桐生伊勢崎線の本町6丁目と錦町1丁目の交差点間の約200メートルに料理、酒、雑貨の販売や、金魚すくいなど21ブースが出店。多くの市民らが楽しんだ=写真

 民間団体が公共空間を活用し、地域活性化を探るのが目的で、社会実験は初めて。県道両側のアーケード街にテーブルといすを19カ所設け、LEDのランタンで雰囲気を演出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事