親子で埴輪学ぶ夏に 指定の七つ探すと缶バッジ 歴博「はにわコレクション!」 9月1日まで開催 ワークショップも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
七つの埴輪を見つけた人に贈呈する「夏のはにわ缶バッジ」

 夏休みの子どもたちに、埴輪(はにわ)が出土した古墳数が日本一の「埴輪県」であることを知ってもらおうと、県立歴史博物館(高崎市綿貫町)は20日、埴輪に触れてもらうイベントを始める。館内の展示室から指定した七つの埴輪を見つけた人に「夏のはにわ缶バッジ」を贈呈するほか、埴輪キーホルダー作りなどのワークショップを展開する。9月1日まで。

 「夏のれきはく はにわ コレクション!」がテーマ。開催中の企画展「集まれ!ぐんまのはにわたち」と連動し、公開中の埴輪115点の中から、七つを探してもらう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事