吾妻中央高校のペアが最優秀 県高校生介護技術コンテスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護技術ペア部門で競技する吾妻中央高の生徒

 福祉を学ぶ高校生が競い合う第6回群馬県高校生介護技術コンテスト(県高校長協会家庭部会福祉委員会主催)が20日、伊勢崎市の伊勢崎興陽高で開かれた。ベッドメイキング、介護技術個人、同ペアの3部門で実施し、関東大会を懸けた介護技術ペア部門は吾妻中央高が最優秀賞に輝いた。

 同委員会に加盟する10校のうち、同部門には4校が出場。介護老人保健施設に入所する70歳女性が発熱し、病院に連れて行くという課題に取り組んだ。関東大会は8月24日、伊勢崎市役所で開かれる。吾妻中央高のほか、優秀賞の伊勢崎興陽高と優良賞の新田暁高が出場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事