盆踊りやフラ納涼祭楽しむ 藤岡・かんなの里
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県藤岡市の障害者支援施設「かんなの里」の納涼祭「第21回かんな祭」が20日、同施設で開かれた。浴衣姿の地域住民や家族連れが、模擬店や多彩な企画を楽しんだ。

 祭りは利用者や地元婦人会員の盆踊りでスタートした。参加者は輪になり、音楽に合わせて藤岡音頭や八木節を発表。高崎市のフラダンス教室の生徒らによるショー=写真=もあり、最後は系列施設の利用者も交ざって踊りを披露した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事