連続で高額窃盗 未明から早朝 1億円超被害か 大泉、館林
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 11日未明から早朝にかけて、群馬県大泉、館林両市町の2店舗に何者かが侵入し、腕時計などを盗んで逃走する事件が発生した。県警や店舗関係者の話を総合すると、被害総額は合わせて1億円前後になる可能性がある。2店舗の距離の近さや手口が似ていることなどから、県警は同一犯の疑いも視野に捜査する。

 午前4時25分ごろ、大泉町朝日のスーパー内のリサイクルショップ「ゴールディーズ大泉店」に複数人が侵入し、陳列されていた腕時計や中古のブランドバッグなど約15点(販売価格約110万円)を盗んだ。

 大泉署や同店によると、店内の防犯カメラには上下黒色の服装の2人以上が写っていたという。数分間でショーケースを割り盗んだとみられる。スーパーの出入り口と同店のシャッターにこじ開けられた跡があった。女性店長(25)は「やるせない。早く捕まえてほしい」と話した。

 午前5時すぎには、館林市楠町の商業施設内のブランドショップ「サントノーレ館林店」に3人組が侵入し、高級腕時計やアクセサリーなど300点以上(販売価格2千万円以上)を盗んだ。

 館林署によると、3人はいずれも上下黒色の服装。何らかの道具で商業施設南西と同店西側の扉をこじ開け、ショーケースを棒状のもので壊した。同店の運営会社によると、把握している被害は販売価格で1億円に迫るという。盗まれた商品の大半は10万円以上で300万円近いものもあった。

 10月20日に新装開店し、今月10日にセールが始まったばかりだが、11日は営業を中止せざるを得なかった。運営会社の男性社長は「非常に残念。12日には再開するよう急ピッチで準備している」と話した。

 県内では7月下旬に高崎市の腕時計販売店で腕時計(販売価格4千万円以上)が、今月3日には同市のリサイクルショップで腕時計やバッグなど(同約300万円)が盗まれる事件が発生した。

◎最近の主な高額窃盗事件
7月23日 高崎市あら町の腕時計販売店、腕時計(販売価格4000万円以上)
11月3日 高崎市高関町のリサイクルショップ、腕時計やバッグ(同約300万円)
 同11日 大泉町朝日のリサイクルショップ、腕時計やバッグ(同約110万円)
     館林市楠町のブランドショップ、腕時計やアクセサリー(同2000万円以上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事