真田忍者ウォーク 地元の忍者について学ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県中之条町に点在する真田忍者ゆかりの地を巡るバスツアー「第5回中之条真田忍者ウォーク」(同実行委主催)が28日、町歴史と民俗の博物館「ミュゼ」などで行われた。参加者30人が忍者の墓などを見て回り、忍者について知識を深めた。

 真田氏に仕えた忍者「伊與久」氏の末裔まつえいの伊与久松風さん(46)が忍者の役割などを講演。代々受け継がれてきたという兵法も実演し、つえや仕込み武器を使ったキレのある動きを披露した=写真

 忍者の携帯食「兵糧丸」作り体験も行われた。参加者はもち米やシナモン、朝鮮ニンジンなどすりつぶした材料を水あめで丸い形にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事