サッカーで友情育む 埼玉の小学生と交流 長野原
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 水源地と下流地域の子どもが親睦を深める「水源わくわくセミナー」が31日、群馬県長野原町内で始まった。埼玉県の小学生と保護者67人が訪れて八ツ場ダムを見学し、サッカー教室などを通じ町内の児童と交流した=写真

 サッカー教室では、浦和レッズハートフルクラブのスタッフがコーチを務め、地元の児童15人も参加。ペアになってボールを投げ合ったり、ドリブル練習をして心地よい汗を流した。その後はクイズ大会で地域を超えた友情を育んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事