元気に出発 豪州派遣の中学生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の館林市中学生海外派遣団の出発式が2日、市役所で開かれた。オーストラリアで8日間の研修に臨む中学2年生26人が、保護者らに見送られて元気良く出発した=写真

 団員を代表して館林四中2年の飯島未詠さんが「日本や館林の文化を紹介するなど、充実した派遣にしたい」と抱負を述べた。須藤和臣市長は「たくさんの思い出をつくってほしい」などと激励し、団員を送り出した。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事