桐工Bチームが優勝 高崎で高校生ものづくりコンテスト測量部門
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
優勝した桐生工Bチーム

 高校生ものづくりコンテスト測量部門群馬県大会(全国工業高校長協会主催)が8日、高崎市の高崎工業高で開かれた。桐生工Bチームが優勝し、9月7日に栃木・那須清峰高(那須塩原市)で開かれる関東大会に出場する。

 3人一組でチームをつくり、校庭に書かれた五角形の辺の長さや内角を測定。座標計算して精度を競った。

 桐生工Bは、川島優太さん、島村隆聖さん、関口澪さん(いずれも建設科3年)で構成。川島さんは「仲間で助け合ってレベルアップし、余裕を持って計算できた。指導してくれた先生のおかげ」と喜んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事