災害に備え親子ら避難所づくり体験 大泉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 防災意識を高めてもらおうと、親子で避難所づくりを体験するチャレンジスクールが10日、群馬県大泉町のいずみのもりで開かれ、小学生と保護者7組18人が参加した。

 避難所での生活を想定し、プライバシーを確保するための壁やテーブルを段ボールで作った=写真。新聞紙を使った皿やスリッパの折り方、便利なロープの結び方を学んだ。炊き出し訓練では、米と水を強化ポリエチレン製の非常用炊飯袋に入れてゆで、レトルトカレーと一緒に食べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事