池波正太郎や司馬遼太郎… 富岡・上州七日市駅に500冊を寄贈
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の上信電鉄・上州七日市駅(富岡市七日市)に、近くの文筆業、川波遼平さん(75)が文庫本など500冊余りを寄贈した。川波さんは「白い紙に印刷された黒い文字を見て、イマジネーションの世界を広げてほしい」と話している。

 池波正太郎、藤沢周平、司馬遼太郎に山崎豊子。改装されたばかりの駅舎の一角に置かれた本棚には、さまざまな作者の本が並ぶ=写真。美術史を題材にしたものも。鍵付きの小箱に貸し出しと返却のカードを入れれば、誰でも自由に借りることができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事