台風10号接近 16日未明まで断続的雷雨 前橋、高崎は自主避難所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 台風10号の接近に伴い、前橋地方気象台は14日、土砂災害や河川の増水・氾濫への注意を呼び掛けた。15日夜から16日未明にかけて断続的な雷雨になると予想され、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る恐れがある。

 24時間降水量は多いところで15日午後6時までに100ミリ、16日午後6時までに200ミリと見込んでいる。気象台は「低地の浸水や河川の増水に特に気を付けてほしい」としている。前橋、高崎両市は15日、市役所や支所などに自主避難所を設ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事