名人のそば打ち 親子10組が学ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 粉食文化を継承しようと、親子そば打ち体験教室が15日、邑楽町中央公民館で開かれた。10組20人が地元のそば打ち名人、佐藤トミ子さん(70)=中野=からこつを教わった=写真

 参加者は、そば粉とつなぎ粉を合わせ、水を加えてこねた後、麺棒を使って厚さ1ミリになるよう薄く延ばした。家族4人で参加した邑楽中野東小3年の橋本琉生君は「延ばす作業が難しかった」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事