湯の街彩るクラシック 草津音楽アカデミー開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 第40回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバル(群馬草津国際音楽協会、草津町主催)が17日、同町の草津音楽の森国際コンサートホールで開幕した。31日までの15日間、国際的に活躍する音楽家がレッスンやコンサートを繰り広げ、クラシックの音色が湯の街を彩る。

 今年のテーマは「バッハからシューベルトへ」。群馬交響楽団らによるオープニングコンサートでは、バッハの楽曲やシューベルトの交響曲第7番「未完成」などが演奏され、来場者を魅了した=写真

 27日には、上皇ご夫妻が同ホールで演奏会を鑑賞される。退位後初のアカデミー参加となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事