未来のプログラマーへ 前橋、太田で小中学生教室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学生らの指導でプログラミングを学ぶ児童たち=前橋国際大

 次世代を担うプログラマーを育成しようと、小中学生を対象にした「ぐんまジュニアICTクラブ・プログラミングスクール」が17日始まり、前橋市の共愛学園前橋国際大では基礎を学ぶ入門編と、より高度な応用編が行われた。児童ら計約30人が参加し、基本操作やプログラムの手法を学んだ。

 同大の教員や学生が、教育専用に制作されたソフト「スクラッチ」を使って指導した。参加した児童たちは「前に進む」「振り下ろす」と書かれたブロックを選択し組み合わせた。猫が動いたり、路面に沿って車が動くようにしたりしてプログラムが指示通りに動作することを体感した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事