若い視点 CM完成 渋川3高校が名所、名物紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CMを発表した生徒と高木市長ら

 群馬県渋川市の魅力を発信しようと渋川青年会議所(JC、藤井一博理事長)と市内3高校の生徒が制作したCMの記者発表が19日、同市役所で行われた。各校4人ずつのグループが名所や名物を取り込みながら若者の視点で仕上げた。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。

 渋川女子は「行こうか渋川」と題し、伊香保グリーン牧場のヒツジが名所を駆け巡る内容。渋川青翠はイラスト部員が中心になりアニメと実写を組み合わせた「伊香保と私の不思議な話」、渋川工業は水沢うどんや温泉まんじゅうといった名物を食べる場面で構成した「なっからうんめ~渋川市」を作った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事