下仁田 再認定へ調査 ジオパーク委が現地視察
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
審査員に地質学的価値を説明する町民ガイド

 日本ジオパーク委員会は14日、「ジオパーク」に認定している下仁田町で、再認定審査のための現地調査を始めた。15日まで審査員が地質学的見どころ(ジオサイト)を視察したり、町や関係団体にヒアリングする。2年前の審査で、民間と行政が一体となった運営体制づくりが不十分として「条件付き再認定」とされており、関係者は約2年間の取り組みを審査員にPRしようと意気込んでいる。

 京都造形芸術大の尾池和夫学長ら3人の審査員が訪れ、日本ジオパーク下仁田応援団員の案内で約1時間のガイドツアーを体験。青岩公園など中心街近くのジオサイトを回った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事