「五輪合宿も高崎で」 武道館で練習公開 ポーランド柔道代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界選手権に向け最終調整するポーランド代表選手たち

 25日に東京・日本武道館で開幕する世界柔道選手権に向け、高崎市内で事前合宿中のポーランド代表チームが22日、同市武道館で練習を公開した。2020年東京五輪・パラリンピックに向けて同市は同国五輪委員会と相互協力協定を結んでおり、ヘッドコーチのブワフニオ・ミロスワフ氏(52)は「五輪の事前合宿も高崎で行う予定」と述べた。

 練習には同日夕に合流する5選手を除く、52~81キロ級の男女計11選手が参加した。ラグビーのようにボールを回して走る準備運動では選手たちに笑顔が見られたが、ペアになって組み合うと表情は一変。真剣な顔つきで投げ技や寝技を確認したほか、練習試合も行い約1時間半汗を流した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事