新潟DCで新幹線増発 北毛へ美食旅列車 JR東・秋の臨時列車
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 JR東日本高崎支社は23日、10、11月に運行する「秋の臨時列車」の概要を発表した。上越、北陸両新幹線は合わせて前年より23%増の815本を運行する。

 上越新幹線は47%増の200本、北陸新幹線は16%増の615本。新潟県を舞台に10~12月にデスティネーションキャンペーン(DC)が開かれるほか、即位礼正殿の儀が行われる10月22日が祝日になることなどが影響する。在来線は8%減の70本。

 週末に加え、月曜が祝日や振り替え休日となる時期に、北毛方面などへの観光用列車を運行する。11月4日に水上―新津(新潟市)間で、快速「EL上越線美食旅(ガストロノミー)」を初めて走らせる。蒸気機関車(SL)は県民の日(10月28日)などに計17本運行する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事