タブレットでロボット操作 健大、小学生プログラミング教室 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高崎健康福祉大(須藤賢一学長)は23日、高崎市の同大で県内の小学生を対象としたプログラミング教室を開いた=写真。約30人が楽しみながらプログラミングへの理解を深めた。

 児童は、段ボールと電子回路を使ったロボット「embot(エムボット)」を製作。タブレット端末でロボットを操作し、プログラミングの基礎を学んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事