学びやすさ連携して発信 県内の私立通信制4高校が協議会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会見で連絡協議会について説明する清水会長(左)ら=2日、県庁
 

 新学期のスタートに合わせ、群馬県内の私立通信制高校や提携するサポート校計4校が2日、県私立通信制高校等連絡協議会を立ち上げた。不登校や高校中退を経験した若者らが多く在籍するが、全日制や公立通信制などと比べて認知度が低いことが課題となっている。生徒一人一人のペースで学びやすい特色を、連携して発信する。学校生活に悩んだり、学び直しを考えたりしている中高生や保護者に向けて「進路の選択肢を提供したい」としている。

 連絡協議会を構成するのは、クラーク記念国際高校前橋校・桐生校、KTCおおぞら高等学院高崎キャンパス、第一学院高校高崎キャンパス、わせがく高校太田キャンパス・前橋キャンパス。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事