停電続く千葉県にDMATを追加派遣 精神医療チームも 県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 台風15号の影響で停電の続く千葉県に、災害派遣医療チーム(DMAT)が11日、新たに5チーム派遣された。住民の心をケアする群馬県災害派遣精神医療チーム(群馬DPAT)も10日に2チームが派遣されている。いずれも数日間活動する予定。

 DMATは前橋赤十字病院(前橋市)と高崎総合医療センター(高崎市)、太田記念病院(太田市)、伊勢崎市民病院(伊勢崎市)、渋川医療センター(渋川市)から1チームずつ派遣。千葉市を拠点に診療や患者の搬送、避難所の巡回などに当たる。9日夜にすでに2チームが現地入りしていた。

 DPATは県立精神医療センター(伊勢崎市)が千葉市、赤城病院(前橋市)が君津市を拠点とし、精神科がある病院の情報を集め、支援の調整などに当たっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事