「福祉×ALOHA」11月高崎でイベント 改修費30万円募る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「バリアフリー化のため支援をお願いしたい」と話す井草さん

 障害の有無に関わらず誰もが楽しめるハワイアンの慈善イベントを開くため、「Hawaii Love in GUNMA実行委員会」は12日、上毛新聞社とグリーンファンディングが共同で運営するクラウドファンディング「ハレブタイ」で資金調達を始める。募集は10月31日まで。井草小百合実行委員長は「会場と心のバリアフリー化を実現するため、支援をお願いしたい」と話している。

 イベントは「福祉×ALOHA」をメインテーマに、11月3、4両日に群馬県高崎市のニューサンピア高崎アリーナで開く予定。当日のステージでは県内外の160団体計1200人が踊りを披露するほか、フラダンスを習う障害児の母親と高崎市聴覚障害者協会が連携して手話などを交えながらコーラスを発表する。ハワイアンショップ12店や障害者団体の体験ブース、チャリティーバザーも並べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事