県立女子大 リーダー育成強化 知事が客員教授
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 女性リーダーの育成強化を目指し、群馬県立女子大(小林良江学長)は山本一太知事を客員教授に迎え、10月から新たな講義を開講する。同席する副知事や部課長らが県政課題を説明、山本知事と学生が意見交換する形式で、来年1月まで全15回を計画。2年以上の学生を対象に、近く履修登録を案内する。

 同大によると、現職知事が客員教授となって講義全体を担当するのは全国的にも珍しいという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事