初秋の草木湖 1000人駆ける みどり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 第41回草木湖一周マラソン全国大会(みどり市など主催)が15日、同市の東運動公園を発着点に開かれ、全国から集まった約千人が、初秋の草木湖畔を駆け抜けた。最長距離の19キロは男子が明和町の須田修之さん、女子は埼玉県の近野智子さんがそれぞれ優勝した。

 19キロ、12キロ、4キロ、1.5キロの4コースで、年齢や性別で分けた16部門で競った=写真。出場者は、緑豊かな自然やわたらせ渓谷鉄道を眺めつつ、懸命に走った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事