自由な発想でイラスト 高崎の特別支援学校、国分寺まつりへ映像素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワークショップに参加する生徒と田村さん(左奥)

 上野国分寺まつり(10月20日)で上映する映像の素材を制作するワークショップが19日、高崎市の二葉特別支援学校で開かれた。小学部と中学部の児童生徒25人が、自由な発想でイラストを描いた。

 当日上映する映像を制作しているクリエーティブプロデューサー、田村吾郎さん(40)=前橋市出身=が講師を務めた。子どもたちは画用紙に描かれた扇形の枠内に動物や花などを表現した。それぞれの作品は田村さんがコンピューターで組み合わせ、色鮮やかな天平文様に仕上げるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事