子育て世帯の移住促進へ 首都圏から18人が体験ツアー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 首都圏から子育て世帯の移住につなげようと、「街なか暮らし体験ツアー」(群馬県主催)が21日、高崎市で始まった。東京、神奈川、埼玉の3都県から参加した18人が、市内の公園や保育園を見学し、本県の魅力や子育て環境について理解を深めた。

 参加者は観音山公園ケルナー広場(石原町)で遊具などを体験した後、群馬南保育園(三ツ寺町)を見て回った=写真。職員が「園庭でサツマイモ掘りができる」と説明すると、驚きの声を上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事