サロン・ド・ジュン 児童養護施設の女子高生入社へ 来春
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内定を報告する(右から)富沢さん、施設長、河村さん

 児童養護施設を巣立つ若者の自立を支援する理美容室展開のサロン・ド・ジュン(群馬県高崎市京目町)は7日、県内施設で生活する高校3年の女子生徒の採用を内定し、生徒が来春入社すると明らかにした。同社は昨年春、施設を離れる際に住居を確保して家賃も補助する制度を拡充しており、対象者の採用は初めて。

 女子生徒は日ごろから同社の店舗で髪を切ってもらい、理美容師に憧れていたという。9月に採用試験を受けて内定。入社後は受け付けや清掃を担当し、社内研修で腕を磨いていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事