新型インフル発生備え訓練 館林
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
病院に運ばれる患者

 新型インフルエンザ発生に備えた医療対応訓練が、群馬県館林市の公立館林厚生病院で開かれた。医療機関や警察、消防などの約90人が対応手順を確認した。

 県内で初めて新型インフルエンザの感染が疑われる患者が発生したと想定し、患者の受け入れや検査、聞き取り調査などの一連の流れを行った。院内感染を防ぐ取り組みが説明されると、参加者はメモや写真を撮って記録していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事