台風19号 今夜に最接近 記録的レベルの暴風雨で最大級の警戒を
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
台風19号の接近に備え、土のうや鉄くいなどの資材を準備する消防隊員=11日午後1時半ごろ、前橋中央消防署
 
 

 大型で非常に強い台風19号は東海沖を北上し、12日の夕方から夜にかけて東海か関東に上陸する見通しだ。東日本の暴風や大雨は記録的なレベルに達すると予測される。群馬県には12日夜から13日未明にかけて最接近する見込み。気象庁は11日に臨時記者会見し、降水量は1200人を超える犠牲者を出した狩野川かのがわ台風(1958年)に匹敵する恐れがあり、大雨・洪水警戒レベルで最高のレベル5に当たる特別警報を出す可能性があるとして最大級の警戒を呼び掛けた。

 前橋地方気象台によると、県内の広い範囲で12日朝から雷を伴った激しい雨が降り、さらに強まる見通し。夜には局地的に、1時間80ミリの猛烈な雨が予想され、土砂災害や河川の氾濫が発生する恐れがある。12日午後6時から13日午後6時までの24時間予想雨量は200~300ミリ。山間部では特に降水量が多くなる見込み。

 風も強まり、12日には南部で最大風速20メートル(最大瞬間風速35メートル)、北部で15メートル(同30メートル)と予想。「暴風警報」が発令される可能性もあり、気象台は不要不急の外出を控えるよう注意を呼び掛けている。

 県は11日、災害警戒本部を設置した。各市町村は自主避難所の開設を予定するなど、災害に備える対応を進めた。JR東日本や私鉄各社は計画運休の実施を相次いで発表。12日には臨時休業や営業時間短縮に踏み切る商業施設もあり、大雨や暴風に対する警戒感が強まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事