台風19号 群馬で猛威 富岡で1人死亡、2人不明 利根川が氾濫危険水位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鏑川の濁流が迫る富岡市田篠の住宅=12日午後4時ごろ撮影
土砂で埋もれた民家周辺で安否不明者を捜す消防関係者ら=12日午後7時ごろ、富岡市内匠
土砂崩れによって倒壊したドッグラン施設や家屋。民家からは火が上がった=12日午後5時ごろ、上野村

 大型で強い台風19号は12日午後7時前、伊豆半島に上陸した。関東を縦断して13日は東北沖に達する見通し。群馬県富岡市では土砂崩れが発生し、男性1人が死亡、2人の安否が不明となっている。安中市と伊勢崎市ではけが人が出た。前橋市の利根川で氾濫危険水位を超えるなどして、県内で少なくとも351カ所に避難所が設置された。気象庁は本県など12都県の自治体に大雨特別警報を発表。大雨・洪水警戒レベルで最高の5に相当し、最大級の警戒や避難を求めた。

 特別警報の対象は他に宮城、福島、茨城、栃木、埼玉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野、静岡各都県。このうち宮城、茨城、栃木各県を除く9都県は特別警報が初めて発表された。高波や高潮、土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫の恐れもある。13日にかけて東日本や東北を中心に記録的な暴風が吹き、大雨となる地域がありそうだ。

 共同通信による集計では、千葉県で竜巻とみられる突風で1人が死亡し、静岡県で水路に流された1人が行方不明。負傷者は20都府県で56人に上った。

 前橋地方気象台によると、降水量は12日午後7時までの24時間で、西野牧(下仁田町)が435ミリ、田代(嬬恋村)が390ミリと観測史上最大を観測。神流など12地点で10月の観測史上最大となった。風速は神流町で18.9メートルと10月の観測史上最大を記録した。

 富岡市内匠では、土砂崩れで6軒が損壊し、2人の安否が分かっていない。伊勢崎市で強風にあおられて車のドアが閉まり、50代の男性が救急搬送された。安中市では男性が屋根から転落して負傷。桐生市広沢町では、風で飛ばされたトタン屋根が自動車にぶつかり、フロントガラスが割れる被害があった。

 JRと私鉄各線は運休を実施。NEXCO東日本によると、12日午後8時時点で、県内の高速道は全線で通行止め。東京電力パワーグリッドなどによると、午後7時現在、藤岡、下仁田、東吾妻、嬬恋の4市町村の計約2300件で停電が発生した。

 ダムにためられる水量を超える可能性があるとして、水資源機構などは藤岡市と埼玉県境にある下久保ダムについて、13日午前1時ごろから緊急放流する可能性があると発表した。試験湛水(たんすい)が1日から行われている八ツ場ダム(長野原町)では、ダム湖の水位が急激に上昇し、午後5時までに最低水位(標高536.3メートル)を超えた。

 県は12日、災害対策本部を設置。増水した河川や用水路に近づかず、早めに安全な場所に避難するなど、身を守る行動を取るよう呼び掛けた。13日も雨風は強く、同日午後6時までの24時間降水量は県内各地で200ミリとなり、約20メートルの強風が吹く見込み。

◎西毛中心に土砂崩れ相次ぐ
 西毛地域を中心に土砂崩れが相次ぎ、民家が損壊する被害も多発した。

 警察や消防などによると、午後4時半すぎ、富岡市内匠で、民家の裏山の土砂が崩れ、6軒が巻き込まれた。住人6人が救出されたが、うち60代男性が死亡し、女性3人がけがをした。さらに2人が安否不明という。現場では同日午後7時ごろ、土砂が流れ込んだ一帯を、消防隊員や関係者が安否不明者を捜索していた。近くの男性(69)は「夕方にズドーンとすさまじい音がした。外に出たら、あるはずの家がなくなっていた」と語った。

 午後4時半ごろ、上野村勝山の民家が土砂崩れに巻き込まれ、隣接するドッグラン施設などと共に倒壊。民家からは出火し、消防隊員ら10人以上がぬかるんだ土砂に足元を取られながら消火活動に当たった。住人は発生時、近くの施設へ避難しており、けが人はいなかった。近くの80代男性は「雷が落ちたようにドカーンという音がした」と驚いていた。

 避難指示や避難勧告が出され、各市町村が開設した避難所には避難した住民が身を寄せた。上野村勝山の宿泊施設には80人が避難。60代の女性は「四駆の車で(道路に流入した)土砂を乗り越えてたどり着いた。断水にもなっている」と不安そうに話した。

 富岡市の公民館に自主避難した女性(69)は「家の裏に山があり、大きな木もたくさんあるので避難した」と話した。前橋市役所に自主避難した木村正弘さん(61)は「(台風15号で被災した)千葉県のように、自宅の屋根が吹き飛ばされないだろうか」と話した。

 各消防本部などによると、伊勢崎市では午後3時すぎ、50代男性が強風で車のドアが閉まり、額にけがをして救急搬送された。桐生市広沢町では午後4時半ごろ、飛んできたトタン屋根が自動車のフロントガラスに当たって割れる被害があった。

 前橋市などを流れる利根川をはじめ、高崎市や富岡市を流れる鏑川、高崎市の井野川、太田市の蛇川などで氾濫危険水位を上回った。

 富岡市神農原周辺では、近くを流れる蚊沼川からあふれたとみられる水であちこちの道路が冠水し、通行止めになった。近くの男性(68)は「路地のような細い場所でも水が入ってきた」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事