災害拠点病院 役割を確認 渋川医療センター、有事備え訓練 渋川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 大規模災害に備え渋川医療センターは、渋川市の同センターで災害時の対応訓練を行った。医師や看護師、職員らが、けが人の受け入れ手順や関係機関との連携方法などを確認した。

 震度6強の地震が発生し、建物が倒れるなどして多数のけが人が出た想定で取り組んだ。正面玄関で緊急度や重傷度を判断する1次トリアージを行い、それぞれの診療エリアに搬送=写真。無線には被災状況が次々に入り、薬剤や医療資機材の追加、人員配置の指示が飛び交った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事