ジェラートの全国大会 桐生の高野さんが来場者特別賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘーゼルナッツとほうじ茶の逸品
「お客さんに喜ばれるジェラートを作りたい」と話す高野さん

 日本人に最も好まれるジェラートを選ぶ「ジェラートワールドツアージャパン2019横浜」で、群馬県桐生市新宿の高野欽市さん(48)が来場者特別賞を受賞した。ヘーゼルナッツとほうじ茶のジェラートを作り、来場者から多くの票を集めた。高野さんは「うれしい。最高の賞」と喜んでいる。

 大会は8月31日、9月1日に横浜市で行われ、4月の予選会などで選ばれた全国12人のジェラート職人が出場した。イタリア大使館職員や日本ジェラート協会長ら12人の審査員と延べ約2万人の来場者の投票で、入賞者6人を決めた。優勝者は2021年にイタリアで開かれる世界大会へ出場する。

 和の素材を大切にするイタリアンジェラート店「わびさびや」(同市新宿)を営む高野さんは、イタリアのヘーゼルナッツと京都産無農薬ほうじ茶のハーモニーを楽しめる「ラッテ・ノッチョーラ・ほうじ茶」を出品。素材の味わいを感じられるように、全ての材料をグラム単位で計算し、試行錯誤した。生クリームと黒みつ、刻んだヘーゼルナッツを飾り付け、見た目も華やかに仕上げた。

 「ラッテ―」は2日間で2600杯分を提供した。行列が途絶えず、常連客や東京、横浜在住の群馬県出身者も多く来場したといい「群馬愛を感じた」と高野さん。「もっと頑張り、お客さんに喜ばれるジェラートを作っていきたい」と力を込める。

 同店では「ラッテ―」を380円で提供する。月・火曜、毎月最終日曜休み。問い合わせは同店(フリーダイヤル0120-17-0144)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事