豚コレラワクチン接種 27日にも開始 2月末までに60万頭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 とんコレラ対策で実施する飼育豚へのワクチン接種について、山本一太群馬県知事は23日、早ければ27日にも、17の監視対象農場から優先的に開始する意向を明らかにした。来年2月末までに全県の約60万頭への接種を完了させる方針。県は23日、家畜伝染病予防法に基づき、ワクチン接種の実施を県報で告示した。

 県は野生イノシシの感染が確認された地点から半径10キロにある藤岡市などの監視対象農場の飼育豚について、予防的な接種を実施すべき緊急性が高いと判断した。接種は家畜防疫員の獣医師2人を含む4人が1チームとなって行う。

 山本知事は同日の定例会見で「農家の不安を解消できるように引き続き万全の対策を講じていく」と述べた。

 藤岡市内40カ所で800個を散布した野生イノシシ向けのワクチン入りの餌については同日、実際にイノシシがどの程度食べているのか、確認を始めた。接種状況などを記録し、今後のイノシシ対策の検討に活用する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事