雅楽を知って麗しい世界へ 高崎で歴史や魅力紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
装束の着付けを実演する岡本さん(右)

 雅楽の歴史や魅力を紹介する講座「雅楽へのいざない~青海波装束の輝きに触れる」が24日、群馬県高崎市の高崎芸術劇場で開かれた。約200人が詰め掛け、古くから受け継がれてきた日本の伝統芸能への関心を高めた。

 前半は、22日に行われた「即位礼正殿の儀」で宮内庁職員らの装束の着付けに携わった岡本和彦さんが登場。舞楽「青海波」で演者が身に着ける衣装の着装を実演しながら、服飾の特徴を解説した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事