感動分かち合うダイヤモンド浅間 長野原で年に一度の光学現象
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天丸山山頂で「ダイヤモンド浅間」を見る観光客(アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます)

 1日午後3時50分ごろ、群馬県長野原町北軽井沢の浅間牧場にある天丸山から見る浅間山山頂に夕日が重なった。太陽が山頂に重なって輝いて見える光学現象「ダイヤモンド浅間」を登山客約30人が天丸山山頂で見守った。

 その瞬間は雲がかかったが、山の雄大なシルエットと日光の美しい輝きが登山客を魅了した。荒井宏子さん(54)=藤岡市=は「みんなで感動を分かち合うことができた」と話した。

 見学ツアーを主催した安藤百福記念自然体験活動指導者養成センター(長野県小諸市)によると、毎年11月1日と前後一日に見られるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事