桐生の民家 父娘刺され負傷 殺人未遂容疑で隣人の40歳男逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
親子が刺された現場を捜査する関係者=1日午前9時40分ごろ、桐生市菱町(画像を一部加工しています)

 1日午前5時50分ごろ、桐生市菱町の男性(74)の妻から、「夫が男に刃物で刺された」と110番通報があった。通報を受けて駆け付けた群馬県警桐生署員が、自宅前の路上で血を流して倒れていた男性と同居の次女(42)を発見。同署は殺人未遂の疑いで、現場にいた隣人で無職の男(40)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午前5時45分ごろ、男性の自宅前の路上で、男性と次女を刃物で切り付けるなどして殺害しようとした疑い。同署によると、逮捕された男は「2人を殺すつもりで刺した」などと容疑を認めている。

 男は、男性方の東に隣接する住宅で家族と暮らしていた。男の同級生だったという女性は「ここ数年、ひげを生やし、ハーフパンツ姿で自転車に乗っているのを見掛けていた。清潔感がなく、不気味に感じていた」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事