そろばん自慢307人 腕前競う 藤岡で関孝和先生顕彰競技大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
真剣な表情でそろばんをはじく参加者

 世界三大数学者の一人で、群馬県藤岡市ゆかりの関孝和の功績をたたえる「関孝和たかかず先生顕彰第70回全日本珠算競技大会」(同実施委員会主催)が3日、同市総合学習センターで開かれ、16都県から58団体、307人が出場して腕を競った。

 小学2年から大人までが3部門に分かれ、団体総合と個人総合、種目別で競った。出場者は一心不乱にそろばんをはじいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事