「道に迷わないで」 南牧村と協力隊が手作りの道標を設置
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手作りの道標を設置する地域おこし協力隊の佐藤さん(左)と高橋さん

 道迷いによる事故を防ごうと、群馬県南牧村の情報観光課と地域おこし協力隊は13日、同村の黒滝山に手作りの道標を設置した。道標の老朽化に伴い、年度内を目標に村内12の山で20枚余り整備する。

 昨年度、村の事業で実施した登山道調査の結果、道標を新しくすることが決まった。7月頃から地域おこし協力隊員2人を中心に制作を始め、ヒバの木に文字を掘り、ペンキで色を塗って制作。鹿岳や立岩など一部の山で設置が済んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事