臨江閣 青く染まる 世界糖尿病デーちなみライトアップで啓発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 「世界糖尿病デー」の14日、群馬県糖尿病協会は県内各地で青色のライトアップを行い、糖尿病の予防や治療を呼び掛けた。

 啓発活動のシンボル「ブルーサークル(青い輪)」にちなみ実施。前橋市の国重要文化財の臨江閣は青く染められ=写真、青い雨がっぱを着た協会関係者が病気の抑制を訴えた。

 県内は草津町の湯畑や高崎市の白衣大観音、同市総合保健センターもライトアップした。白衣大観音、同センターは17日まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事